独学で社労士試験一発合格を目指すブログ

行政書士試験、宅建士試験に独学で合格した勉強方法を使って社労士試験も一発合格してしまおうという、その軌跡を描いたブログです。

社労士試験の勉強をしていて、世間とのギャップに驚いた労働基準法ベスト3

社労士試験の勉強、特に労働基準法の勉強をしていて、自分の中での常識とはかけ離れていたことについて書きたいと思います。

労働基準法と実際の職場での規定にはギャップがあります。

知っておいて損はないと思うのでよければ最後までお読み下さい。

 

 

 

①ダブルワークでも残業割増賃金が発生すること

 

ダブルワーク、最近増えてきています。昼間は正社員として、夜はアルバイトとして働いているという方や、アルバイトを2つ掛け持ちしているという方もいると思います。

 

例えば、A社で8時間きっちり働いたとします。そしてその後、B社で3時働きました。

すると、実はB社は残業の割増、2割五分をきっちりと支払わらなければいけません。

 

このことを恐らく知っているという人はまれだと思います。

 

1社のみであれば、わかり易いと思います。今正社員で働いているところで、4時間残業したとなれば、8時間超えれば、残業割増が支払われます。これはもはや常識でしょう。

 

2社で、8時間、2時間でも通算され10時間という扱いになります。

 

②アルバイト・パートでも有給が取得できること

 

アルバイトはバイトだから、パートはパートだから有給がもらえないという認識の方が多いと思いますが、実はもらえます。

正確な要件は、説明すると長くなりますが、ざっと、全労働日の8割以上出勤していれば、付与されます。

 

ただ、パートやアルバイトは通常の正社員と違ってフルタイムではない場合が多いので、それよりも少ない日数で付与されます。

例えば、1週間に3日(30時間未満)の方ですと、最初の6カ月目に付与されるのは、5日となっています。

これがフルタイムだと、10日間ということになります。

③一分単位で賃金が発生すること

1分で単位で賃金が発生します。

これこそ、知りませんでした。

 

大抵のところは30分単位、15分単位となっているところが多いです。

私が勤めたところでも、そんな感じが多かったです。

 

でも法律上は、タイムカードの打刻通り支払えということみたいです。

 

なんで15分刻み、30分刻みが多いのかというと、計算が煩わしいからということみたいです。

 

個人的にも1分単位は・・・ちょっと大変かなと企業側にも同情する余地があるのかなと思います。

ですが30分単位ならば、主張するかも知れません。

 

 

以上、3つでした。

世間では常識、労働基準法では非常識な3つを紹介しました。

 

社労士試験の勉強することでこれらのことがわかりました。

 

もしかしたら、誤植あるかもしれませんので、詳しくはこちらなんかを見てください。

労働基準法に関するQ&A |厚生労働省

 

労働基準法って非常に大事です。

ちなみに労働基準法が最低限度のルールです。

 

つまり、労働基準法よりも低い就業規則は無効となります。

 

ここも勘違いしている人が多いので、気を付けてください。

 

 

 

明日は行政書士試験です。社労士受験へとつながる第一歩です。

明日は平成最後の行政書士試験です。

 

何だ社労士試験に関係ねぇじゃねぇかと思われる方もいるでしょうが、実は関係大ありなのです。

 

なぜならば、大卒や短大卒以外で、特に社労士系の事務経験者以外の方はこの行政書士試験を社労士の受験資格として取得するからです。

ちなみに社労士の受験資格は複雑なので、ざっとこの程度ということで抑えてください。

 

仮に高卒で肉体労働しか経験ないという人は、ほぼこのルートになります。

 

そして、このルートが時間的にも価格的にも最短だと思います。

 

社会人がいきなり大学に進学するのは、かなりキツイものがあります。

 

そのため、行政書士試験前置組というのが、もっとも現実的なところです。

 

私の場合は一応、大卒かつ行政書士試験合格者なので、両方でいけます(笑)

ちなみに大学は私立の5流です(笑)

 

ですが、いくら最短でコスパが良いといっても、行政書士試験合格というハードルの高さは異常です。

 

生半可な努力では行政書士試験には合格できません。

 

はっきり言って、行政書士試験は高学歴に有利なシステムになっています。

高学歴でないから、前置するわけで、当然苦労することになるでしょう。

 

ただ、やはり社労士という試験は一切、民法などの法律を学ばないこともあり、この行政書士試験合格組はストレート組よりも実務では、ちょっと役に立つことが多いような気がします。

 

よく、○○社労行政事務所みたいなところがあると思います。

 

そこはもしかしたら、こういった事情があるのかもしれません。

もちろん、そうでない場合もあるとは思いますが。

 

このブログを読まれている方の中でも明日の行政書士試験に挑戦して、さらに来年の社労士に合格しようとしている方がいるかもしれません。

 

とにかく、あきらめないで合格目指してください。

 

まずは第一歩です。ただ、プレッシャーをかけるわけではありませんが、このチャンスを逃すと、また1年、棒に振ることになってしまいます。

 

それでは、明日皆さんが健闘できるようお祈りしています。

 

 

 

 

社労士試験、合格発表日でした。

本日、社労士試験、合格発表日ということで、ツィッター上では受かったなどのツィートが官報と、自分の受験番号と一緒の画像とともにされています。

 

社労士試験に受かれば、確かに人生は変わると思います。

ですが、合否関係なく、大事なのは自分が目いっぱい努力できたかどうかだと私は思います。

 

 

私も資格試験を受験したときは、これまで以上に努力をします。

そして、合否よりもまず先にそんな自分をほめてあげたいと思っています。

 

例え、不合格だったとしても、これまで勉強してきたことがゼロになるわけではありません。

社労士の勉強というのはまさにコスパが非常にいいと思います。

 

私も少しですが、途中まで勉強しましたが、傷病手当、有給休暇、失業給付どれも非常に役に立ち、そして、いやらしい話ですが、お金に直結する知識になっています。

受からなかったら、次また受ければいいだけです。

 

不合格でも死ぬわけではありません。

 

またリベンジするのは苦痛でしかないと思いますが、次もぜひ挑戦することをオススメします。

 

私も行政書士試験、宅建士試験ともに一発合格は果たせませんでした。

 

ですが、不合格が無意味ということではないと思います。

 

今回の発表で涙をのんでしまった人も、逆に歓喜に沸いている人もいると思います。

 

とりあえず、長い勉強お疲れさまでした。結果が出たことでまた次のステップに行けると思うので、頑張ってください。

 

そう言いたいと思います。

 

 

 

いよいよ明後日、社労士の合格発表です。なぜ平日に公開されるのか?

いよいよ明後日11月9日(金曜日)に社労士試験の合格発表があるみたいです。

何年もの間、苦労してきた人はこの日が待ちどうしくてしょうがないと思います。

 

すでに自己採点は確認済みの人がおおいと思いますが、合格ラインの変動する社労士試験ですから、最終結果は明日の発表次第ということになります。

 

それにしても、行政書士試験の時も宅建のときもそうでしたが、なぜ平日に発表が多いでしょうか?

 

まぁ単純に試験作成期間が土日休みなんでは?との予想です(笑)

 

勝手に予想してみました。

 

平日に発表となると、本当に待ち遠しくて仕事どころじゃなくなりますよね。

 

そしてリアルタイムで結果を同僚に発表しなければいけない可能性も・・・・

さらには、合否の感情も出しづらいです。

 

ただ、受かった場合は本当に喜んでもいいと思います。

 

仕事中であろうが浮かれてすぎて、ミスしない程度であれば全然私ならば喜びますし、同僚にも報告します。

だってうれしいことはみんなで共有した方がいいではないですか。

 

ということで、明後日、受験されたみなさん、合格していることを願っております。

 

私も今は司法書士試験という目の前にあるばかでかい壁に挑戦しますので、後にはなると思いますが・・・合格したいと思います。

 

 

 

社会保険労務士、企業側ではなく労働者側に立ちたい

社会保険労務士は企業側に立つのが大半だと思います。

 

実際に労働者側に立っている社労士さんを探しましたが、あまりにも少ないことに驚いたことがあります。

 

やはり、企業の味方というのが社労士さんなんでしょうか?

 

私の中では労働基準法違反などに悩む労働者の悩みを聞いて、解決するのが社労士のイメージでした。

 

でも実際は違うみたいです。

 

どうやら私はコンサルティング的なイメージを膨らませすぎだったと思います。

 

実際はやはり給与計算の代行?であったり、労働関係省庁への書類の作成や代行などがメイン業務なのでしょう。

私もあまり詳しくないので、これが実状なのかはわかりませんが、調べた限りではどうやらそのようです。

 

実際、こんな就業規則はダメだとか、残業に関してのコンサルはあんまりないのではというのが今の私の中で新たにできた社労士のイメージです。

 

何も企業側の味方に立っているのが気に入らないというわけではありません。

 

企業側の味方と言っても、適切で適法の労働環境を作るようにアドバイスすれば、結果労働者側の利益になるからです。

 

そもそも、私にはその考えに至らなかっただけです。

 

 

 

 

ですが、私はやはり労働者側の味方に立ち、労働紛争を解決したいというのが本音です。

そして、そのためには司法書士になる必要があります。

司法書士だとある一定の金額だと訴訟代理人になることができると知りました。

行政書士ではなれません。

 

sihousyosi-dokugaku.com

 

逆に社労士になる必要はあまりないように思えますが、肩書はあった方が良いのに越したことがないし、第一に労働関係の知識がなければ、労働紛争なんか解決できません。

 

なぜ私はこのような考えになったのか?

 

私自身、いろいろ転職してきましたが、どの会社一つとっても労働環境が完璧に整った

ところはありませんでした。

 

ブラック企業とは言えないまでも、完全にホワイトとはいえないような黒に近いような会社が多く存在します。私の勤めていた会社もみなそんな感じでした。

 

そして、労働者の知識のなさ、それどころか上司の知識のなさも目立っていました。

上司だけに関していえば、実はないフリをしていたのかもしれません。

 

 

実際、私が無知な同僚に一般的なことをそっと吹き込んだことで有給の取得要件を知り、有給消化に至ったということもありました。

ちゃんとした大学を出て、スーツをビシッと決めている会社に勤めている人にはあまりわからないかもしれませんが、結構労働関係のことを知らない人はいます。

 

有給がみな一斉に付与されるという人が多いみたいです。

 

無知で損をしている人は有給に限らず、ごまんといます。

 

そんな人の味方になりたい。それが私が目指す理想の姿です。

 

社労士試験、試験時間が長くて集中力切れそう・・・&肩こりそう

社労士試験ともなると、その試験時間はなんと

 

5時間ほどになります。

 

もちろん、午前と午後でワンブレイクはあるみたいですが、これはかなりきつそうです。

しかも、本試験の時期は8月です。

 

想像しただけで地獄です。暑いわ、長いわ、集中力切れること間違いなしです。

 

そして、恐ろしいのが私の場合は極度の緊張状態からくる肩こり、そしてそこからさらに発展して、なぞの片頭痛です。

 

宅建士試験のときも、行政書士試験終了後もなりました。

そして、宅建試験のときはなぞのぎっくり首に。

 

もし、私が社労士試験受けたら、次の日は確実に仕事休みです(笑)

 

というわけで、なにがなんでも一発合格しなければ。

ブランクが憎い!!社会保険労務士の勉強をして思った事

ブランクが憎い!!

大袈裟かもしれませんが、今私はそう思っています。

 

社会保険労務士の勉強しはじめて数日が経過しました。

今は先日記事にしたスマホアプリで勉強しています。

 

先に言っておきますが、実は私は社労士試験の勉強初学者というわけではありません。

2年ほど前に数か月ですが、勉強していました。

いわゆるブランク組です。

 

以前に勉強しているからある程度は解けるだろうと思って挑戦した問題でとんでもない結果が・・・・

 

全く解けない。

 

私の数年前の努力はどうやら無駄だったようです。

 

やはり、空白期間を開けるというのは良くないみたいです。

特に暗記系だと、良くないみたいです。

 

もし、不運にも資格試験に落ちた人がいたならば、ぜひ合格するまで受け続けた方が良いとアドバイスしたいと思います。

 

もし、今後受験をやめるという人はきっぱりと諦めた方が良いと思います。

 

中途半端な未練を残すとロクなことはありません。身をもって経験しました。

 

私の場合はまだ2年程度だからこの程度で済んだのかもしれません。

この程度とはちょっと記憶残っている程度です。

これがさらに5年10年と空白期間があるとさらにとんでもないことになるでしょう。

 

ブランクは良くない。これが結論です。